読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海はあちらですか

読んだ本のこと、仕事のこと、ふと思ったことを思うままに書いてみたいと思います。自分の記録と整理のために。

ダイアログインザダークに参加してきた。おススメです。

先日、ダイアログ・イン・ザ・ダークというイベント?に参加してきた。面白かったのでご紹介です。
 
そもそも、ダイアログインザダークとは
 
参加者は完全に光を遮断した空間の中へ、グループを組んで入り、
暗闇のエキスパートである視覚障がい者のアテンドにより、中を探検し、様々なシーンを体験します。
その過程で視覚以外の様々な感覚の可能性と心地よさに気づき、
コミュニケーションの大切さ、人のあたたかさなどを思い出します。
 
1988年、ドイツの哲学博士アンドレアス・ハイネッケの発案によって生まれたダイアログ・イン・ザ・ダークは、これまで世界39カ国以上で開催され、800万人を超える人々が体験。何千人もの視覚障がい者のアテンド、ファシリテーターを雇用してきました。
日本では、1999年11月の初開催以降、現在は東京・外苑前の会場と、大阪「対話のある家」を中心に開催、これまで約19万人が体験しています。
 
出典:公式サイト http://www.dialoginthedark.com/
 
というもの。
今回参加したのは「一期一会」という企画で全員一人で申し込んだ人同士で暗闇を体験するというもの。なので当然みんな初めましてです。ぎこちない挨拶とあだ名の共有をしたうえでいざ暗闇へ。
 
本当の暗闇では顔のすぐ前にかざした自分の手も見えず、これは何分経っても目が慣れても見えないとのこと。本当に暗いです。何も見えませんでした。最初は自分の手が見えないことの違和感がすごくありました。見えるはずなのにおかしい、という違和感。
 
そんな中、最初は白杖を使って歩きます。普段視覚障害のある方がどうやって歩いているかを体験します。白杖でわかること、わかりにくいこと、使い方のコツ等を教えてもらいます。実際やってみると地面の質感、段差、壁の有無、など普段無意識に入ってきている情報を意識して採取する感覚が新鮮で、新たな感覚器官をもったような感じがします。と、同時に見えないということはこんなにも情報が制限されているのか!と驚きます。
 
そこからは白杖を置いて、参加者協力し合って進みます。全体工程は1時間半程度。進む中で不思議に印象的だったことが三つ。
 
一つは、進むうちに初めて会った知らない人に対する抵抗がどんどんなくなっていくこと。もちろんこんなのに来る人だから悪人ではないでしょうが、それ以上に暗闇では相手の属性がよくわからないので、かえってフラットに接することになります。相手はどんな人か、どう思っているか、偉い人か、気の合う人か、服装が気に入らない、など普段本当に無自覚にいろいろ相手に色をつけてみているということに気づきます。入る前はちょっと気が強そうで苦手かも、と思った人とも声だけでやり取りをして協力して進むと、あれ、気にすることなかったな、とかむしろ、さっきのはどの声の人だっけ、とかうやむやになって気にならなくなっていきます。目からの情報に振り回されていることを普段から意識したほうが良いかもしれません。
 
もう一つは、長くいるとだんだん暗闇が暖かい場所に思えてくること。相手のことを見えないのと同じように、相手からも自分のことが見えません。そうすると途中から何となくリラックスしてきます。表情や服装やその他、評価につながってしまいそうな色んなものが相手から見られないとなると、妙な安心感、居心地の良さが出てくるのです。そして心が落ち着いてきます。普段は入ってくる情報も多すぎるし、人からの見え方とか気にしていることも多すぎるんだなぁとしみじみ思いました。本来の自分ってどんなんだっけ。そんなに強がる必要あるんだっけ。もしかしたら生き物はお腹の中にいたときの経験で真っ暗には意外と馴染みがあるのかもしれないな、と思ってみたり。あ、けどちょっと矛盾しているかもだけど独りぼっちで安全の保障がなかったり、出れる見込みが立たなかったらマジで怖いと思います。
 
最後に、目の不自由な人ってすっごいっていうことです。もちろん会場のコースを熟知しているというのもありますが、そんなレベルじゃありません。暗闇の中とは思えないほどなんでもできます。あたしなんてすぐに方向もわからなくなりました。その中でコースを確実に進み、お茶をついで出してくれたり、お皿を片づけたり、本当に見えてないの??っていう精度で作業を進めていきます。私は持っていない、何か別の鋭い感覚を持っているようです。その彼が、暗闇から出た時に机までの距離を少し誤っていたり、本当に見えないんだ、と再確認して軽く信じられないくらい驚きました。人間の能力は本当に表面だけではわからないし、自分が知らないだけで様々な能力を人間は身に着けることができるんだと知りました。
 
そんなこんなで、前評判を焼き直しただけの体験談になりますが、実際体験して確認したことは私にとって重要だったと思います。結構新鮮な体験ができるのでもしご興味あればぜひ。
 
 
去年行った雲取山。山ではいつも朝になると止まってた世界が動き出すような感覚になります。ダイアログインザダークの暗闇の中も、なんか時間が止まっているような感覚だったかも。

f:id:m-patty:20170207234129j:plain