海はあちらですか

読んだ本のこと、仕事のこと、ふと思ったことを思うままに書いてみたいと思います。自分の記録と整理のために。

今年は稲がうまく育っていない。今年はそれもよし。

昨年からNPOから田んぼを借りてコメ作りをしている。 去年、何事も経験、と思って始めたものが思いのほか手もかからずおいしいお米になって、完全に味をしめたので、今年も継続しているかたちだ。 ところが、今年植えてみて、去年とのあまりの違いにびっ…

電車のお兄さん

たった今、山手線で。 言いたいので書いてしまおう。 白杖のひとと、その仲間と、二人が乗ってきたときに、あるお兄さんが少し遠くの席を自分のカバンで押さえて、わざわざやってきて二人に座りますか?と聞いた。 結局、ふたりは、大丈夫です、と断ったのだ…

失われていく、我々の内なる細菌

だいぶ以前に読んだけど、読みながらメモとってたデータが消えて、萎えてほったらかしてた本。すごいおもしろかったので簡単に紹介。 「失われていく、我々の内なる細菌」 驚いたこと。 私たちの体には、自分自身の細胞数の3倍以上、重量にして1.4kgの細菌が…

洗濯機の回転軸と日常の風景

洗濯機が少しだけ改善 したことついてのご報告。 先日書いたけど、洗濯機が壊れそうなことを、元大工の友達に笑い話として話したら、すかさず「水平を見たほうがいいんじゃない?」と言われた。どういうこっちゃと思ったが、なるほど。回転軸がずれているか…

仕事がとれなかった。悔しい。

仕事が取れなかった。 1年間、最重要案件として追いかけてきた。 入札の当日、直前に価格下げるということが一瞬話題に上った。なのに結局、持参したそのままの金額で応札して負けた。僅差だった。出せない額じゃなかった。 後輩にも初めての案件をここまで…

もう洗濯機と冷蔵庫が壊れてしまいそうだ

どうでもいい話。 最近、洗濯機と冷蔵庫がどっちも壊れそうだ。 洗濯機は、本来ならば37分で終わるはずのコースなのに、なぜかランダムに1時間半から2時間程度かかる。いったいその間、何をしているのか。 なおかつ脱水にあたってのアクションが激しく、音…

あすぺる樹 長野県 中野松川駅

出張でごはんを食べた。おいしかったので書く。 [食べログ]アクセスが制限されています あれ、なんかリンクタイトルが変になっちゃうけど。 あすぺる樹。なんて読むかよくわかんないけど良いお店でした。当日は車で徘徊しながら食べ物やを探す。行こうとした…

役所の庁舎が好きだ。ただ思うことを好き勝手書く。

仕事で役所まわりの営業をしている。 そういえばあたしは役所の庁舎が好きだ。 特に好みは古い庁舎。これまで写真とかちゃんと残してなかったんだけど、古い庁舎はその時の技術とデザインをこらして、威厳と文化の気配ただよう建物が多い。そして材質として…

【読了】裏山の奇人 野にたゆたう博物学

これはすごく面白かった! こないだもフライングで書いたけど、あらためて感想を。 これを読んで一番強く驚いたのは、「生き物の密度ってすごい」ってこと。もう隙間無く、ありとあらゆる関係を結んでぎっしり詰まっているイメージ。何気ない風景をそんな風…

最近は料理が楽しい

どうってことない話だけど、最近料理が楽しい。 もともと食べるのが大好き。過去食べて最高においしかったものを思い出す時と、おいしい野菜の食べ方を想像する時は確実に幸せな気分になれる。 なのに社会人になってから、忙しいのを言い訳にろくに料理をし…

【読書】裏山の奇人  本を読むことの楽しさを思い出した。

本を読むって楽しい。 今日しみじみとそう思った。読んでいたのはこの本。 裏山の奇人: 野にたゆたう博物学 (フィールドの生物学) 作者: 小松貴 出版社/メーカー: 東海大学出版部 発売日: 2014/08/06 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (11件) を見る …

プロフェッショナル仕事の流儀 豆腐職人 山下さん

今回のはすっごく良かったー! こちら www.nhk.or.jp 「目の前の仕事に向き合うこと、追及すること」が本当に夢中に、誠実にされていてその熱量に感動してしまった。 凝固剤での豆腐作りを行う日々を死んだような心持で働いていた山下さん。にがりで作る豆腐…

【読書感想】失われた我々の内なる細菌

すっごくおもしろい本だった! これ。「失われゆく、我々の内なる細菌」 腸内細菌が自閉症と関係している、とか近頃細菌の話をちょいちょい聞くので興味を持って読んでみることにした。 失われてゆく、我々の内なる細菌 作者: マーティン・J・ブレイザー,山…

お花見に行って思うこと

お花見に行ってきた。 上野公園。毎年恒例で友達同士で集まるが、今年は珍しく満開のタイミングにばっちり。お花見客の数もすごかった。 お花見をしていて毎年思うこと。飲み屋で飲んでいてもそうなんだけど、他の人達のグループも楽しそう。酔っぱらって声…

仕事をかかえちゃってる人をみて

本当にいまふと思ったことをだらだら書きます。今、目の前でタスクをふれずにパンパンになってる人と接する機会があって思ったこと。 仕事をふれない人ってマジメで責任感の強い人が多い。「こんな曖昧な状態じゃふれない」とか「こんな雑務みたいなこと人に…

プロフェッショナル仕事の流儀 介護士 小山珠美

これを見た。 www.nhk.or.jp 看護師の小山さん。食べる力を回復させるプロフェッショナル。 徹底的な情報収取と実践でノウハウの蓄積が凄い。そしてやっぱり心構えもかっこよかったので感想を。 一番印象に残ったのは次のセリフ。 「どうすれば出来るかを考…

仕事とお金について思ったこと

最近プレミアムフライデーとか、残業を減らそうとか働き方に関するトピックスが良くめにつくけど、この記事読んでほんとそうだよなぁと思った。 売れるものが無ければ効率も何もないという話。当たり前すぎて見落としてる感あるかも。 www.ogura.blog どんな…

YUKIの歌詞が好きだ。ポイントは母性とフィジカルだと思う。

みんなにとってどうでもいいと思うけど、あたしはYUKIが好きだ。営業で車で遠出するときは大体いつもYUKIか中島みゆきを熱唱または本気練習している。 www.yukiweb.net YUKIが好きっていう時に、あたしはやっぱり歌詞がすごく好きなんだけど、歌詞の何がそん…

人間の第六感。あたしにある気がするけど証明しようがない。

数週間前に買っておいた銀杏をほったらかしてあったのだが、ふと思い出して炒ってみることにした。銀杏は子供のころ大嫌いだったが、最近はもっぱら好きで飲み屋で良く頼む。けど自分でやったことなかったのでためしに。 参考にしたのはこのレシピ。 cookpad…

ダイアログインザダークに参加してきた。おススメです。

先日、ダイアログ・イン・ザ・ダークというイベント?に参加してきた。面白かったのでご紹介です。 そもそも、ダイアログインザダークとは 参加者は完全に光を遮断した空間の中へ、グループを組んで入り、 暗闇のエキスパートである視覚障がい者のアテンドに…

リクルートの人が語る人工知能について、事業構想大学のセミナーを受けてきた。

事業構想大学のセミナーを受けました。 ちなみに、ここの出版している月刊事業構想は刺激的な事例が沢山でとてもおもしろいです。ご興味あればぜひ。 月刊事業構想 (2017年2月号『働き方改革の新事業』) 作者: 事業構想大学院大学出版部 出版社/メーカー: 株…

断水発生!気づいたことをいくつか。

この年末に私が住んでいるアパートで断水があった。年末の30日から年明け6日まで1週間というわりと大胆な断水だ。原因は屋上のポンプの不調というから、どうしようもない。 まぁ私は年末実家に帰ったこともあり、実質3日間程度だったけれどそれでもまぁ…

家族議論大会

この間、久しぶりに実家に帰ったら弟がいて、珍しく家族4人で晩ごはんだった。あたしも一人暮らしで弟は結婚して出てるからまずなかなか無いことだけど。 晩ご飯後に、母親がいつもの調子で世の中を嘆きはじめて、あたしと弟が反論したところでなぜか大議論…

おいしかった食べもの屋さん1 「浜松市 幸楽」

先日、一人出張で浜松にきて晩ごはんを探してふらふら。さんざん歩き回ってもなんとなくピンとくるお店がなく、ヤケクソな気分になり始めた時。のれんの雰囲気に惹かれて立ち止まり、食べログ見てみたら驚きの高評価。これは何かのご縁と思い、晩ごはんはと…

お米が各段においしくなって驚いた。精米機ってすごい。

自分で育てたお米を食べるに当たり、玄米を精米しながら食べているのですが、これまで10年前に使っていてずーっとしまわれていた家庭用精米機を引っ張り出してきて使っていました。 ところが、友人からの「精米機を変えると驚くほどお米がおいしくなる」との…

NHK 巨龍中国 14億人の消費革命を見て

先週末NHKスペシャルを見た。 中国で急激に巨大化するネット通販 市場の状況とその中で一攫千金を狙って奮闘する若者たちの様子を追ったドキュメンタリー。こちら。 www6.nhk.or.jp 見た感想をいくつか。 ひとつは、まず日ごろ日本で生活をしていると、世…

納豆を作ってみた話

お味噌をつくるときに合わせて納豆も作ってみました。 今回初めて知ったのですが、納豆菌は稲わらに住んでいるため、特に菌を入れなくても藁にくるんでおくと納豆になるとのこと。半信半疑ですがやってみることにしました。 作る工程はこちらのブログを参考…

味噌をつくってみた話

せっかく大豆をそだてたので、お味噌を作ってみる。 大豆は先ず枝から切り落とし十分乾燥させる。さやから取り出す。この作業もわりと大変。あたしは量が少なかったから手で一つずつ取り出した。 なお、この状態の大豆を犬が食べたがって、邪魔されながらの…

あけましておめでとうございます。今年の抱負など。

あけましておめでとうございます。 年末、飲みに行ったお店で4名ほどのブロガーの集いに遭遇しました。印象に残ったのはそれぞれとても楽しそうにブログの話をしていること。収益化している人もいれば、これから取り組む人もいましたが総じて発信すること自…

大豆、お米収穫。感想を。

今年は田んぼと小さな大豆畑を借りていました。今日は大豆の収穫をしました。 なんかまだ完熟?しきっていなかったので、ちゃんと乾燥して味噌が作れるか心配です。 まぁとりあえず感じたことを書いてみます。 お米はすでに精米まで出来て、先日食べました。…

cognitive nightというのに行ってきた感想。(素人としての)

先日IBMのCognitive Nightっていうのに行ってきた。 これ。 eventdots.jp 内容はIBMのWatsonでどんなことができるでしょう?っていうことで、Watsonの概要と事例紹介に始まり、実際に使用例を考えてみよう!っていうワークショップで終わる構成だった。 私自…

「仕事は楽しくてもつまらなくても続けていくと決めた」プロフェッショナル仕事の流儀 ミナペルホネン 皆川明を見て思ったこと

また録画してあった仕事の流儀を見た。 今回はデザイナーの皆川明さん。ミナペルホネンの代表の方が今回の主人公。 今回もすごいびっくりした。 彼は就職先がすんなり見つからず渡米。デザイン経験ゼロでたまたまファッションショーを手伝う経験をし、服飾を…

近所の本屋

近所の本屋で本を買った。 その隣にあった喫茶店がこの間閉店した。 昭和な雰囲気の喫茶店で一度行きたいと思いながら二年。行かないまま閉店してしまった。後悔。 そうなっては困ると本屋に入ってみた。 元々あたしは、世の中に大型店、チェーン店、Amazon…

一般意志2.0 読了

誰かのtweetで紹介されていておもしろそうだったから、一般意志2.0を読んでみた。 一般意志2.0 ルソー、フロイト、グーグル (講談社文庫) 作者: 東浩紀 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2015/12/15 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (9件) を見る 面白…

プロフェッショナル仕事の流儀 介護福祉施設経営者 加藤忠相を見て思ったこと

録画しておいた番組を今見た。 プロフェッショナル仕事の流儀。毎週録画してあって時間があるときにちょいちょい見ている。今回は介護福祉施設の経営者。加藤さんという人が主人公。 結論から言うと素晴らしい内容だった。なんだか感動して涙が出てしまった…

仕事のなかの曖昧な不安 読了

先日長野で読んだ信濃毎日新聞の記事がとても良かったので、以下の本を読んでみた。 仕事のなかの曖昧な不安―揺れる若年の現在 (中公文庫) 作者: 玄田有史 出版社/メーカー: 中央公論新社 発売日: 2005/03 メディア: 文庫 購入: 5人 クリック: 77回 この商品…

あせも対策の個人的マストアイテム。困ってる人には是非伝えたい。

突然ですがあせも対策について笑5年くらい前から突然首回りのあせもに悩まされるようになり、それ以来例年夏はあせもとの戦いです。ブログ全然関係ないし、そんなに見られてる訳でもないけど、どこかのだれかの参考になるかもしれないから、オススメ治療法を…

長野訪問と希望について

今日明日はひとりぶらりと長野出張。松本に入りレンタで安曇野上田東御とぐるぐる営業訪問。明日も一日中ぐるぐるまわる。昼間はしっかり働きましたが、5:30には仕事が終わったのでちょっくら別所温泉に行ってきました。大師湯と石湯を訪問。どちらも公衆浴…

人のブログを読むようになって感じたこと。自分の考えを発信出来るだけですごい。

最近ブログを始めたこともあってたまに人のブログをちらほら見るようになった。これまではあまり見ることは無かった。見るようになって、書くようになって、気づいたこと。ブログでも何でも、自分の考えたことを文章化して発信するだけですごい。ということ…

愚痴や弱音を吐いてみる

仕事も停滞で力不足を痛感。課題は痛いほどわかるけど、動き出せない自分に苛立ちを感じるし自信喪失。与えられた仕事はやるけれど、自分の頭で考え、作り出すことってこんなに難しいんだっけ。アウトプットのコツ?能力?とにかく身につけて体当たりでトラ…

限界費用ゼロ社会 読了

この本、すっごく面白かった!!!限界費用ゼロ社会―<モノのインターネット>と共有型経済の台頭作者: ジェレミー・リフキン,柴田裕之出版社/メーカー: NHK出版発売日: 2015/10/27メディア: 単行本この商品を含むブログ (3件) を見る なんかぼんやりとイメー…

現場の人の仕事の仕方から学ぶこと

今日は仕事でちょっと大きめの機械の納品立ち会いだった。あたしは商社の営業だけど現場は好きだ。今日も現場の人を見ててすごいなぁと思ったことの感想を。今回は小さい産廃屋さんだったんだけど、そこのお兄さんを見ていてすごいなぁと思った。どうやら、…

人に伝えること

ひとりごと。今日会社で今考えてる今後の体制について後輩に話した。しみじみひとに伝えるって難しいなぁ。あたしはより良くしたくて考えてるつもりだけど、見方によってはすごくネガティブに捉えられる。あたしなりに本当に思うことを話してるつもりでも、…

新規事業と人の削減について小さく宣言してみよう

会社で2拠点に分けてやっている仕事を統合する話をしている。あたしが自分で現状業務の整理をして統合のメリットを確認する作業をやった。明らかにメリットが出る。リスクも下がるし、長期的にはコストもかなり改善しそう。けど、今やると人が不要になってし…

政治について、生活について思うこと

雑記。今思うことを。政治イベントが続く中、なるべく関わるべきだと思ってるし、発信するべきだと思ってるから、なるべくそうするようにしている。けど、最近本当に思うのは、政治はもっと時が満ちるまで流れが変わることは無いのではないかということ。そ…

好きなもの

とりあえず今は人目は気にせず好き勝手書いてみる。今回は自己分析として、好きなもの、気になるものをあげてみる。とくに気になったものが出たら掘り下げてみよう。・食事(白ごはん、素材、お茶、料理)・在来種(種、育ててみたい)・アウトドア(カヌー…

ワークライフバランス 自分の場合

さて、ワークライフバランスを自分なりに考えてみたいと思う。先々どんどん変わるかもしれないけどね。はじめにライフにおいて大切にすること。まずは健康を大事にすること。あとは後悔しないこと。つきつめればこの二つかなぁ。健康はそのまんまだからいい…

ワークライフバランス

田んぼで感じたことの三回目はワークライフバランスについて。日頃重要だなぁと思いつつ、適切なバランスが分かりません。ちなみに一昨年くらいまでは、仕事はやればやっただけプラスだと思っていたし、そもそも食べてゆくのがそんなにラクな活動であるはず…

地下室の手記 読了

今、ざーっと読み終えたばかり。とくに読み返しもせずに書く。主人公の執拗なものの言い方に所々飽きるが、執拗さは必要なのだから仕方ないのか。とにかく読んでいて苦しくなった。過剰な自意識にさいなまれつづける主人公がみじめで滑稽。でも、すごく自分…

よく使う機能

最近田んぼにいって思うことの二つ目は、都会でずっと生活するのはつらい!ということ。あたしは自覚的に都会生活の禁断症状があって、本当にたまにだけど、ちょっと冴えない日などに、普段使っていない五感と感情を使いたい衝動に襲われて自分でも驚くこと…